「ほっ」と。キャンペーン
Happy Puppy Days
happypuppy.exblog.jp
ブログトップ
サーバー引越しのおしらせ☆
Happy Puppy Days ブログに遊びに来てくださってありがとうございます。

このたび過去の記事ごとサーバーを引越しいたしました。

新しいブログはこちらになります↓

http://happypuppydiary.blog.fc2.com/

どうぞよろしくお願いします★
[PR]
# by lattelover | 2012-05-01 01:43 | 犬と暮らす日々
いちごのチョコディップ
旬をいただく!春スイーツ
b0139571_832402.jpg


旬のいちごを使って、チョコレートディップにしてみました。

細かく刻んだチョコをレンジでチンして溶かして

そのなかにイチゴをディップ

完全にさめる前に、ピンクのお砂糖をふりかけてみました

とても簡単にできるのでおすすめです!
[PR]
# by lattelover | 2012-04-23 08:38 | アメリカンなクッキング
ケールとマンゴーのサラダ
b0139571_9294214.jpg


ケールはベータカロチン、ビタミンKなどのビタミン類や、

カルシウムなどのミネラルたっぷりで、近年注目を浴びている食材です。

日本では罰ゲームに飲まされる青汁のイメージが強いですが、

ケールそのものは苦味も少なく、意外に生食のほうが美味しいかもしれません。

アメリカでは最近ではサラダ用に、洗浄・カットされて売られているので

そのままお皿にポンと出して食べられるお手軽さがいいです。

食感が少しばさばさした感じなので、オリーブオイルとレモン汁で手もみして

しなやかにさせるのがこのサラダのコツです。

甘酸っぱいマンゴーと、ケールは相性も抜群です。


★ 材料 ★

ケール ひと束
レモン汁 1個分
オリーブオイル 1/4カップ
塩 少々
はちみつ 小さじ2
こしょう 少々
マンゴー 1個
(お好みでかぼちゃの種などのトッピング)

★ 作り方 ★

・ケールは葉を茎の部分からはずして食べやすい大きさにちぎっておく。

・大き目のボールに、絞ったレモン汁を半分、オリーブオイルを少量、塩少々を混ぜ合わせる。

・上記の混合液でケールの葉をマッサージするようにもんで、しんなりするまで2~3分置く。

・その間に、残りのレモン汁、はちみつ、こしょう、オリーブオイルを小さめのボールにいれ泡だて器でかき混ぜ、ドレッシングを作っておく。

・ドレッシングを先ほどのケールにかけ、食べやすくカットしたマンゴーをトッピング。

・そのほかに、かぼちゃの種やナッツなどをお好みでのせて出来上がり!
[PR]
# by lattelover | 2012-04-22 10:08 | アメリカンなクッキング
イースターリリー
b0139571_144055.jpg


今年のイースターは4月8日でしたので、もうとっくに終わってしまいましたが

イースターといえば、なぜだかわかりませんが

ユリの花を飾ったり、贈ったりする習慣があるようです。

この時期にはお花屋さんの店先では、ずらりとユリの花が並び

春の訪れを感じます。

実は先日、お花の仕事に携わっている方からとっても新鮮なユリの花をいただきました。

部屋中に甘い香りがふんわり漂って、とても幸せな気分になります。

Latteもうっとり?と香りを嗅いでいます☆
[PR]
# by lattelover | 2012-04-20 01:50 | 犬と暮らす日々
オリーブ・ブレッド
b0139571_5483911.jpg


パン好きなLatteパパのリクエストで、オリーブ・ブレッドを焼いてみました。

ブレッドメーカーが故障しているので、

トラディッショナルに手でこねてみました。

パンが発酵するあいだに、スープを作ったり、本を読んだりと

時間を有効に使うことができて、なんとなく充実した気分になります。

今回はカラマタ・オリーブを使っていますが

中にいれるオリーブの種類で風味が違ってくるので、いろいろ試してみたいです。

焼く直前にローズマリーやポピーシードをトッピングしてもいいかと思います。


☆材料☆

ブレッドフラワー(中力粉)3 カップ
ドライイースト 小さじ3
砂糖 大さじ2
塩 小さじ1
オリーブ(スライスまたはみじん切り)1/2カップ
オリーブオイル 大さじ3
ぬるま湯 1カップ

☆作り方☆

1.大きめのボールに上記の材料を入れて混ぜる。
2.生地がまとまったら、粉を敷いた台のうえで生地に弾力がでてスムースになるまで捏ねる(5-10分)
3.生地が2倍の大きさになるまで一次発酵(約40分)
4.膨らんだ生地を軽くパンチして、さらに5-10分捏ねる
5.好きな形に成型し、再び生地が2倍の大きさになるまで2次発酵(約30分)
6.500F(260℃)で15分焼き、次に温度を375F(190℃)で約20~30分焼く。

*ブレッドメーカーですと材料をそのまま入れて一次発酵までできます。
*温度を途中で変えることで、外側がパリパリ、中がふんわりしたパンができます。
[PR]
# by lattelover | 2012-04-18 06:26 | アメリカンなクッキング